76歳 女性 タコ(胼胝)足の痛み

A1's Sports medicine

06-6167-7115

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102

営業時間 PM14:00~20:00 定休日 土・日・祝

76歳 女性 タコ(胼胝)足の痛み

スタッフブログ

2019/05/22 76歳 女性 タコ(胼胝)足の痛み

evernote-snapshot-20180921-171154

写真のフットプリントは左足のものです。小指側の部分が濃くなっていることが確認できます。

 

 

足の小指側(小指球)にタコが長年にわたって改善されないといことで、女性がご相談にこられました。

 

タコ(胼胝)は荷重などの刺激を受け続けることで皮膚の角質が肥厚・硬化している状態のことをいいます。

 

足の計測を行うと、サイズは適正範囲でしたが横幅(ワイズ)があっていませんでした。

持参された靴を調べてみると『4E』と表記されていました。

その女性の足は、体重がかかった状態、足が最も広がっている状態のワイズが『A』という結果でした。

 

本来はすごく足幅の細い人であるにも関わらず、足幅のひろい靴を使用されたいました。

 

タコを形成する原因としては足の指が使えずに圧を分散できていなかったりすることがあります。

また、大きなサイズの靴を履いてしまうと、靴のなかで足が動いてしまうので摩擦が大きくなってしまうことも原因のひとつになります。

 

この女性を調べていくとO脚傾向であったり、靴底の外側が削れていたりと多くの要素がみつかりました。

 

百貨店で勧められて購入されたという事でしたが、ワイズのことまでは気にしていただけなかったようです。

 

将来的に悪化しないか心配になる女性でしたので、予防に努めるご説明と靴のサイズの見直しを提案させていただきました。

 

些細なことが積み重なると大きな痛みになる可能性があります。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

■□――――――――――――――――――□■
A1’s Sports medicine
.
06-6167-7115
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102
営業時間:9:00~12:00/13:00~18:00
定休日:土・日・祝
■□――――――――――――――――――□■

TOP