50代 女性 腰痛 黒爪(爪下血種)

A1's Sports medicine

06-6167-7115

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102

営業時間 PM14:00~20:00 定休日 土・日・祝

50代 女性 腰痛 黒爪(爪下血種)

スタッフブログ

2019/05/29 50代 女性 腰痛 黒爪(爪下血種)

昨日は、腰痛や足の痛みでお困りの女性が来店されました。

今年の4月にギックリ腰を経験したり、ダイエットのためにウォーキングをしているけれど足や膝の調子が悪くなるとの訴えでした。

 

いつも通り、まずは靴の観察です。

 

1559088499353 kimg1038

 

シューズを上から見てみると左右とも、右側に広がっている傾向がありました。

 

また、両側ともに踵の外側が擦り減っていることがわかりますね。

 

見た目ではO脚ではありませんでしたが、将来的にO脚になってしまう可能性が予測されます。

 

変形性膝関節症とよばれるものです。

 

おそらく左足が痛むために、やや右側に重心が偏重しているのではないという予測です。

重心の方よりは姿勢やバランスに影響をあたえますので腰痛の原因と関係していきます。

 

1559088494303

次に足の観察です。

 

左の人差し指は黒くなり変形しています。

黒爪は爪下血種(そうかけっしゅ)と言われるものです。

ランナーやスポーツをされる方にも多くみられる症状です。

 

この原因として考えられることは、シューズのサイズが大きすぎることが挙げられます。

靴のなかで足が前方にズレてしまい衝突を繰り返した結果、血種をつくってしまったと考えられます。

 

その他、外反母趾傾向で、右足の人差し指の爪も変形しています。

 

この女性の足の形はギリシャ型とよばれるもので、人差し指が最もながい特徴をしています。

日本人の20%くらいとされていますが、このような足の形状の人は、

靴を購入するときにつま先部分の形を考慮してみることも大切です。

 

このような順序で、どうして悪くなったのか?どうすれば改善するのか?を考えていきます。

 

今回の女性のように、

普段から使用している靴の見直しをすることで原因がわかり改善が見込めます。

現状を改善することで、将来的に起こる病気や怪我を予防できる可能性があります。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

■□――――――――――――――――――□■
A1’s Sports medicine
.
06-6167-7115
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102
営業時間:9:00~12:00/13:00~18:00
定休日:土・日・祝
■□――――――――――――――――――□■

TOP