35歳 女性 巻き爪 陥入爪

A1's Sports medicine

06-6167-7115

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102

営業時間 PM14:00~20:00 定休日 土・日・祝

35歳 女性 巻き爪 陥入爪

スタッフブログ

2019/04/17 35歳 女性 巻き爪 陥入爪

ご来店される方の訴えに多いものが、足の親指の痛みです。

観察すると、『陥入爪』と呼ばれる状態になっています。

 

1543901976037

 

                              (写真:35歳女性)

 

q08_01

『巻き爪なんです』と言われるて来られる方が多いのですが、日本皮膚学会のHPによれば、巻き爪と陥入爪の原因は違うようです

 

割合として、女性が多いと感じますが、男性アスリートにもいることを経験しています。

 

陥入爪の原因は、爪を深く切りすぎることで発生することが一般的です。

陥入爪は爪甲の側縁先端が指趾先端よりも長ければ決して起きない病気とされています。

 

私が注目しているのは、

高齢者や下肢の障害などで、歩行の習慣が少なくなり下肢に対する荷重が減少することで

支持組織である爪が委縮したり変形することで発生するとされていることです。

 

一枚目の写真の足では、親指を正面から見ると円柱状になっています。

本来はもう少し平らな状態になっていることが望ましいと考えます。

 

日常的に活動的な女性や男性アスリートが悩まされる原因としては歩行や身体の使い方が原因ではないかと考えています。

理想的な歩行の重心は親指の先に抜けていくとされています。

それが身体の特徴や歩行の癖、また筋力の低下などで理想的な動きが遂行されていない可能性があります。

 

治療方針として、医療機関では重症化してしまうと手術が検討されると思います。

保存療法では、ワイヤーやマニキュアなどで補正していくものもあります。

 

上記のような対症療法も大切ですが、根本的な改善と予防という観点からのアプローチが必要ではないかと考えており、

靴のフィッテイングとインソール、トレーニングなどで改善されていくことも経験しています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

■□――――――――――――――――――□■
A1’s Sports medicine
.
06-6167-7115
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102
営業時間:9:00~12:00/13:00~18:00
定休日:土・日・祝
■□――――――――――――――――――□■

TOP