腰痛の85%は原因不明?

A1's Sports medicine

06-6167-7115

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102

営業時間 PM14:00~20:00 定休日 土・日・祝

腰痛の85%は原因不明?

スタッフブログ

2019/09/02 腰痛の85%は原因不明?

日本整形外科学会と日本腰痛学会による『腰痛診療ガイドライン2012』には、

 

腰痛の原因の85%は画像検査などで原因が特定できない『非特異的腰痛』ということが書かれています。

 

 

400px-%e9%9d%9e%e7%89%b9%e7%95%b0%e7%9a%84%e8%85%b0%e7%97%9b

 

原因が特定できないとは、

レントゲンやMRIで、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病変をみつけることができなかったという意味になります。

 

腰痛のほとんどが原因不明とは・・・

心理的に人間にとってこれほど不安なことはありません。これも腰痛に関連していると考えています。

 

ここで問題とされるのが、現在の日本における整形外科領域で前提とされている考え方で、

 

『構造異常説』『損傷モデル』というものになります。

 

神経の圧迫や軟骨の欠損など、身体の構造が変形したりすることが痛みになっているというものです。

 

しかし、学生時代に

 

生理学の授業では『神経の圧迫では痛みを感じない』

解剖学の授業では『膝関節などの荷重関節にある軟骨組織に神経は存在しない』

        『椎間板に神経は走行していない』

と教育されました。

 

ところが、病院では画像所見をもとに治療計画が進んでいきます。

私は対応する患者さんの臨床症状と検査結果の乖離があると感じ、変形は痛みの原因ではないと思っていましたが・・・。

 

現在、世界ではこの『損傷モデル』という考え方に変化がでてきています。

まずは保存療法、徹底したリハビリテーションを軸として腰痛を改善させようとしています。

残念ながら日本にはこのような医療施設にであうことは稀なことかもしれません。

 

私はこれまでの対応は間違っていたのではないか?と反省し痛みに悩まれている方々に対応しています。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

■□――――――――――――――――――□■
A1’s Sports medicine
.
06-6167-7115
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102
営業時間:9:00~12:00/13:00~18:00
定休日:土・日・祝
■□――――――――――――――――――□■

TOP