74歳 女性 変形性膝関節症 インソール 

A1's Sports medicine

06-6167-7115

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102

営業時間 PM14:00~20:00 定休日 土・日・祝

74歳 女性 変形性膝関節症 インソール 

スタッフブログ

2019/05/05 74歳 女性 変形性膝関節症 インソール 

ゴールデンウイーク期間中に、広島からのお客様に対応させていただきました。

連休を利用して、娘さんとお孫さんに会いに大阪に来られていたようです。

以前から、お母さんが膝の痛みを訴えられていたようで心配されご来店されました。

 

膝を調べていくと、右膝の変形性膝関節症が考えられました。

整形外科でも診断されていたようです。

 

膝が完全にまっすぐに伸びきらず、わずかではありますが5~10度の伸展制限が確認されました。

また問診をしていくと、30代の頃に腰椎椎間板ヘルニアを経験されていました。

長期間の経過で、歩行に影響を与えていた可能性があります。

 

インソール作製し、動画を比較しました。

 

作製前後では、左肩の下がりが改善されています。

腕の振りも大きくなり、全体として歩行のバランスが保たれていることがわかります。

 

ひとつ心配なのが、右膝が接地後に横に動いてしまう現象が見られます。

専門的には、スラスト呼ばれる現象になります。

この動きが膝の軟骨などをすり減らす原因ではないかとされており、まわりの靭帯などの緩みにもつながっていくと考えられます。

 

今回、このスラストを完全に改善できませんでした。

その要因として靴の影響がありました。

履いてこられた靴には踵が柔らかく、カウンターと呼ばれる部分が存在しませんでした。

また、サイズも少し大きくインソールの効果を下げてしまう要因になっていたと思います。

 

インソールは歩行や姿勢の改善には、非常に効果的な方法のひとつです。

 

それと同様に靴を正しく選び、履くといことも重要なことと考えています。

 

インソール装着後は身体の変化を実感され、大変喜んでご帰宅され安心しました。

 

様々なお悩みがあると思いますお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

■□――――――――――――――――――□■
A1’s Sports medicine
.
06-6167-7115
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102
営業時間:9:00~12:00/13:00~18:00
定休日:土・日・祝
■□――――――――――――――――――□■

TOP