20代の女性 外反母趾と足のタコ

A1's Sports medicine

06-6167-7115

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102

営業時間 AM9:00~12:00 PM13:00~18:00 定休日 土・日・祝

20代の女性 外反母趾と足のタコ

スタッフブログ

2019/02/15 20代の女性 外反母趾と足のタコ

img_20190116_215051_541

 

 

写真は女性(24歳)の足です。

左の写真では薬指の上に痛そうなタコができています。

医学的には胼胝(べんち)と呼ばれます。

 

機械的な刺激が繰り返されると形成されます。

つまり、日常的に指と靴が擦れているとできる可能性が高くなります。

 

右の写真ではキレイになくなっています。

約6か月経過した時点での撮影でした。

 

ご本人は

足のタコに関して、『そういえば、気にしてなかった』

『ライブに行った時の疲れがなくなったほうが驚きだった』と言ってくれていました。

関ジャニのファンだったかな?(笑)

 

お仕事は幼稚園の先生をされていて、子供さん達と一緒に走り回らないといけない毎日のようです。

 

 

evernote-snapshot-20180627-095124

 

採取したフットプリントを分析すると、

 

左足の薬指と小指がついておらずプリントされていません。

立っている状態で、指が浮いていて使われていない状態が考えられました。『浮指』と呼ばれる状態です。

 

右足では外反母趾の角度が大きいことがわかります。

 

フットプリントは静的な立位で再現性がない情報なので、取る必要がないという専門家の意見もありますが

この中には、たくさんの情報が隠れていることを経験から言えることができます。

 

この検査・評価過程を経て、インソール処方の方向性が決まります。

 

足のタコは原因を明らかにして、対応しなければ何度も形成されます。

削ってキレイにする作業では解決しないと考えています。

 

このクライアント様は、お伝えした靴の履き方などを忠実に守っていただいたようで、

本当にイメージ通りに改善されたケースといえます。

 

 

いろんな足の痛みやトラブルがあると思います。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

■□――――――――――――――――――□■
A1’s Sports medicine
.
06-6167-7115
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見4-7-21 グラヴィール鶴見102
営業時間:9:00~12:00/13:00~18:00
定休日:土・日・祝
■□――――――――――――――――――□■

TOP